ケアマネ業務効率化 第1回、3つの狙い

みなさん、こんにちは☀
たけのこの川上です。
大分寒くなりましたね⛄

ケアマネさんの仕事は、帳票を作るのが大変です。
そこで、帳票をためずに負担なく作成していくための業務効率化について考えてみました。
まずは、なぜ業務効率化を図る必要があるのか、その狙いから入っていきます。

3つの狙い

1.業務に翻弄されず、自分でコントロール権を握ることができる。
ケアマネの仕事は、予想外の出来事が多く、ついつい翻弄されて収拾がつかなくなってしまうことも。
そうではなく、日ごろからルーティーンなど自分の仕事がきちんと管理できていれば、イレギュラーなことにも対応ができます。

2.時間にも気持ちにも余裕が生まれ、仕事もプライベートも充実する。
1週間のうち5日間以上(フルタイムの場合)を会社で過ごすということは、仕事は、人生のうち重要な部分を占めているといえます。
なので、仕事が充実すれば、人生も充実するといっても過言ではありません。
仕事の負担が減れば、ストレスも業務量も減り、プライベートの時間や気持ちにも余裕が生まれ、良いこと尽くしです。

3.ますますやりがいを持って仕事に取り組めるようになり、個人も組織も成長できる。
仕事が辛いと思って嫌々やっていると、絶対によい仕事はできません。
逆に、社員が活き活きと仕事をしている会社は、お客さまからの信頼も厚く、絶対に伸びます。
業務効率化が成功すれば、自分に自信が持て、仕事も楽しくなります。

以上、次回は、仕事における重要な原則について考えていきます。

★私が書籍を参考にしながら独自で考えた理論ですので、無断転載は、禁止とさせていただきます。
ご了承ください。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP