訪問介護

「住み慣れた我が家で普段通りに暮らしたい」
そんな思いに応えます

ホームヘルパーが、ご自宅へお伺いして家事や調理、身体介護などのお手伝いをするのが訪問介護です。毎日の生活を、なるべくご自宅でふだん通りに過ごしたい、そうしたご本人やご家族を力強くサポートするサービスです。
訪問介護には入浴、排泄、着替えなどの身体介護と、掃除、洗濯、調理などの生活援助がありますが、中には介護保険の項目内ではお手伝いできないものもあり、自費サービスと組み合せて利用する工夫も必要になります。これについてはケアマネジャーやサービス提供責任者が調整してくれますが、最も大切なことは受けているサービスが「かゆいところに手が届いている」か否かということです。 ご利用者様は心身機能、嗜好、環境、家族構成などによって個々に要望が異なりますが、私たちは、ご利用者様が辿って来られた道程を大切に考え、必要なときに、必要なところを、確かな手で支えます。 その充足感は、きっと豊かな明日を約束してくれます。

サービス内容

入浴、排泄の介護、衣服の着替え、身体の清拭・整容などの身体の介護に関するサービスのほか、衣服の洗濯、調理、買い物など、家事に関するサービスも行います。

サービス内容

 

要介護認定の申請

市区町村の介護保険窓口や地域包括支援センターに、所定の書類を記入の上、提出します。 要介護認定の申請は、居宅介護支援事業所のケアマネジャーや医療機関のソーシャルワーカーなどに代行してもらうことができます。

認定調査

申請書類の提出後、認定調査員がご自宅を訪問し本人や家族から聞き取りを行います。 その後、主治医から主治医意見書が提出されます。この意見書は要介護認定で必要になります。

審査・判定・認定

聞き取りによる認定調査や主治医意見書に基づき、コンピューター判定や介護認定審査会での審査・判定によって要介護度を決定します。

要介護度認定結果の通知

要介護度が決定された後、要介護度認定の通知書が郵送で届きます。

ケアプランの作成、介護事業者の選定・契約

要介護度にもとづき、一般的にはケアマネジャーに相談して、要介護度に応じた支給限度額の範囲で介護サービスの 利用計画(ケアプラン)を作成します。 また、介護事業者を決める際は、ケアマネジャー等が紹介する複数の事業者の中からご自分に合った事業者を選び、 事業者と個別に利用契約を締結します。

サービス担当者会議の開催

ケアマネジャーが招集する、ご自宅でのサービス担当者会議に参加します。 サービス内容や必要な物品など確認し、ご利用者様同意のもと、ご契約させていただきます。

利用開始

居宅介護サービス計画書に基づき、訪問介護計画書を作成します。 訪問介護計画書に基づき、サービス開始します。 状態の変化、ご利用者様の希望に合わせ、ケアマネジャーに報告、サービス内容の見直しを検討します。

PAGE TOP